腎臓病から腎臓を守って、長く健康生活を送る

医者

早期治療が肝心です

看護師

腎臓病は大きく分けると慢性と急性に分けられます。急性腎不全は子供に多い症状で尿が出にくいなどの症状が伴います。一方の慢性腎不全では初期には症状がなく緩やかに進行します。腎臓病は適切な治療を行うことが大切な病気です。検査などで腎臓の数値に問題がある場合は、早急に精密検査を受けるようにしましょう。

Read More

少しの異変でもすぐ病院

看護師

ストレスが原因となって発生する病のひとつにメニエール病があります。この病気になってしまった場合は、薬を飲んで改善していくことが一般的となっています。自分に合った方法で改善を目指しましょう。

Read More

腎臓の機能を保つために

病気の克服を進めるためには正しい知識が欠かせません。腎臓病の改善のためにこれまでの習慣の見直しを進めてみませんか。

急性腎不全と慢性腎不全

医者

腎臓病には、大きく分けて急性腎不全と慢性腎不全の2種類があります。急性腎不全の場合は、腎臓の機能が低下してはいますが一時的なものなので、治療により元のように回復させることが可能です。しかし治療をせずにいると、腎臓の機能が低下したままになったり、さらに低下していったりして、治療で回復させることが困難になります。これが慢性腎不全で、この状態になると、回復ではなくそれ以上の悪化を防ぐことが治療の目的となります。 腎臓病は、生活習慣の乱れが原因となっているケースが多いです。娯楽や仕事により不規則な生活になったり、暴飲暴食をしたりすることで、発症しやすくなるのです。現在では腎臓病になる人が増えているので、慢性腎不全になることを避けるために早めに腎臓内科などを受診する人もまた、増えていくと予想されています。

治療や生活における注意

腎臓は、血液中の老廃物をろ過して、尿として排出させるという働きをしています。したがって腎臓の機能が低下すると、老廃物が排出されず体内に残ったままとなり、そこから発せられる毒素で体には様々な異常が生じることになります。そのため腎臓の機能が著しく低下した慢性腎不全の人に対しては、腎臓のかわりに血液をろ過する、人工透析がおこなわれます。腎臓の機能の回復が期待できない以上、人工透析は生きている限り続けられることになります。 したがって腎臓病を急性のうちに治療したり、そもそも腎臓病にならないように生活習慣に気をつけたりすることは、非常に大事です。具体的には、適度な運動により代謝量を増やしたり、老廃物となる塩分やたんぱく質などの摂取を控えたりするのです。そうすることで、腎臓が一生涯元気に働き続けてくれる可能性は高くなります。

胆管がんの治療を諦めてはいけません。最新の治療法を試す事によってがん細胞を減らす効果が期待出来ますよ。

症状と上手に付き合う

看護師

潰瘍性大腸炎は今は原因がわかっていないため、根治することが難しい。治療を受けるだけではなく、日ごろの食生活から工夫することも大切。患者数も多いので、いずれは治療法も確立され、根治可能な病気の一つになるだろう。

Read More